夢を追うと予算オーバーになりやすい!

住宅ローン


家を建てるというのはまさに「一国一城の主になれる!」とワクワクウキウキの、人生の一大イベント。「夢のマイホーム」などとよく言われるように、そりゃーもう、建てるみなさん、夢と希望がてんこ盛り状態です。

「キッチンはアイランド型…」「○○には豪華に大理石を使いたいな」「バーベキューのできるテラスがあればいいねえ」「俺だって趣味の小部屋がほしいぞ」「西欧風のかわいい外観の家を…」などなど…。

誰だって冷静でいられなくなるといっても過言ではないでしょう。
しかし、だからこそ、注意が必要なのです。この「夢の内容」の落とし穴は、ほとんどの場合、構造など、本当に家として大切なポイントを考えていない、ということなのです。

もちろん、夢を膨らませるのもかまいません。しかし、家を建てて後悔する人の多くは、その「夢」だけを重視しすぎて、他の部分のチェックなどがおろそかになりがちだそうです。まずは、「現実に住む家」として安全に快適に住めること。夢はそれからです。

もうひとつ、夢を重視する人が陥りがちなのが、「予算オーバー」ですね。
予算オーバー=ローンも増えるということですから、今後数十年の生活にもかかわる重要な問題なのですが、家に関してはもともとの総額がでかいだけに、100万単位のオーバーを気軽に考えてしまう人も少なくありません。

「予算は超えてしまいますが、こちらの方がお客様の希望をよりかなえられるプランです。
せっかく長く住む家なんですから、私としてはこちらの方がご満足いただけると思いますよ」なーんて言われて、「確かにそうだ、どうせ一生に一度の買い物なんだから、自分たちの思い通りの家に…」と思ってしまったところに、たとえば端数の値引きやちょっとしたオプションのサービスがついたりすると、もう嬉しくて、それで決めてしまいます。

で、実際の支払いになって、はじめて分不相応な出費をしてしまった…と気づいてしまう、なんてケースも多々あるようです。

こういう人たちは、一時は夢を実現しているような気分になれますが、実は業者のペースにうまく乗せられているにすぎません。

特に、家族や親しい人の忠告があっても無視して夢に突き進んでしまうタイプの人は要注意です。
忠告があるということは、客観的に見て危なっかしいと思われている、だから心配してくれて言ってきているのかもしれない、と、思いとどまることも大切ですよ。


 

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved