耐震性の高い家とは?

耐震性に優れた家


できるだけ耐震性のある家にしたい。
では、どんな形の家がいいと思いますか?

答えは、単純な四角の建物です。
これは、たとえばスーパーなどで商品がギッシリつまった段ボール箱が積みあがっているのを想像してもらうと分かりやすいかもしれません。

ダンボールを家に例えるなんて、と怒られそうですが、家はダンボールより丈夫な分、本体も中身も比較にならないぐらい重いですから。実際いい参考になると思いますよ。

まったく同じ大きさのダンボールを積み上げた場合、少々の重みがあっても、下のダンボールはそうそう潰れたりしません。

これは、建物でいうと、壁と柱が1階と2階の同じ場所にある、という条件に該当します。一戸建てよりさらに重いアパートやマンションも四角い形で、上階と下階の間取りが同じだということを考えても、単純な四角という形は「丈夫な建物」とするには大切な要素といえるでしょう。

では、たとえば下に大きなダンボール、上に重みのある小さなダンボールを置いた場合、どうなるでしょう?さらに怖いのは、1階の窓がある部分の上に、2階の柱がある、といったような状態。下の大きなダンボールに窓をつくり、その上に小さなダンボールのコーナー部分を持ってくると、まず間違いなくここからグシャっときます。

さらに1階より2階が大きい、というのは、よほど構造計算がしっかりしていないと危険ですね。また、たとえ1階と2階の壁が同じ位置にあったとしても、四角ではなく角の多いフクザツな形の建物だと、今度は構造自体が複雑化してくるので、どうしてもミスや欠陥をひきおこす可能性は増えてしまいます。

「建築基準法とか厳しいらしいし、大丈夫じゃないの?」と思うかもしれませんが、こういった法の整備はじょじょになされているというものの、残念ながらまだまだ業者があの手この手で抜け道を考えられる「ザル法」だというのが現状だと思います。

実際に今でも新築なのに歪みなどが生じている家だって存在しているわけですし。

「家がまっすぐきちんとゆがまず建っていて、丈夫であること」というのは基本の基本だと思います。設計の段階で「ちょっと、この形で大丈夫なの?」など、疑問をもつことができるかどうか、それがあるかないかだけでも、リスクを負う可能性はかなり違ってくるのではないでしょうか。

ちなみに、単純な四角い箱型の家にはもうひとつメリットがあります。それは、複雑な形の家に比べて、安く建てられることです^^

形としての面白みはないかもしれませんが、丈夫で、しかも安くつく。
個人的には「単純箱型ハウス」、ぜひおすすめしたいです。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved