狭小住宅の図面チェック

狭小住宅の図面チェック


さて、家のプランで間取りなどをチェックするのは当然ですが、「うん、理想的な間取りだし、駐車場も確保できてるし」と、ざっと見ただけで納得してしまう人はいませんか?

もしあなたが家を建てる場所が住宅密集地で、間口があまり広くないなら、そして特に一階が車庫になるようなプランの家なら、その図面、よーく見て下さい。あなたは、その図面に書かれているモノの、実際の広さが本当に分かっていますか?

一体何を聞いているんだ、と思われるかもしれませんが、これが狭小住宅ならではの落とし穴。たとえば車庫が異様に狭いものだってあるのです。軽自動車ならまあ何とか駐車できるものの、ちょっと大きな車になると、とても無理、というようなもの。

この手のトラブルを完成してしまってから気づいたところで、「ちゃんと図面を見て確認してもらったじゃないか」などと言われてしまいます。そして、この車庫に入る車に買いかえるまでは、泣く泣く近所の駐車場を借りるしかない、といったハメに…

そしてこれと同様に、間取りの「○畳」という表示も鵜呑みにできるものではありません。実は畳の大きさについては法的な規制があまりかかっておらず、現在流通しているものでさえ、その大きさにいくつかの種類があります。

興味のある方は、「畳のサイズ」などで検索をかけてみて下さい。
おなじ一畳でも全然大きさが違いますよ。

おまけにさらにヒドイ業者になると、小さな畳を作って並べて「ハイ、8畳の和室ですよ」なんてことをやったりします。だから畳数表示というのは、あまりあてにならないものと考えておいたほうがいいでしょう。
図面を見たときに、一見した内容だけで納得してはだめです。

あとで泣きを見ないためにも、きちんと「どれだけの幅が、広さがあるのか」を確認しておきましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved