住宅建築は気力の勝負

がんばるクマ


家を建てるというのは本当に大変です。
家族の中でも個人個人でいろんな要望が出てきますからまとめるのも一苦労ですし、どの業者にまかせるかの判断だって責任重大。とにかく考えなければいけないことが多すぎて、途中でグッタリしてしまいます。

ここで気をつけなければいけないのは、けっして「もう考えるのが面倒になってきた」と投げやりになってはいけないこと。

実際、業者の選定が終わった段階で気が抜けてしまい、あとはプランも何もかも業者まかせ、完成した時にはじめて後悔してしまう、というパターンは少なくありません。

業者からすれば、提案をホイホイと承諾して、なんのチェックもせず、とんとん拍子に話をすすめてくれるお客さんほど、ありがたいものはありません。

しかし、施主の側から見ればどうですか?
家族の意見をまとめるだけでグッタリしている場合ではありません。
本当の勝負はそこから先なんですよ。

「一生ものの家を建てるんだ、だから最後までがんばらないと」という気持ちを忘れないで下さい。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved