旗竿地(旗地)の購入は慎重に!

旗竿地(旗地)


旗竿地(旗地)ってご存知ですか?
その名のとおり、土地の形状が旗のようになっているものです。

道路にたいしての間口は、旗でいうところの「棒」にあたる部分なので、かなり狭いものとなりますが、その奥の広い「旗」部分に家を建てるわけです。

変形地のひとつなので土地としての価値は低く、将来の売却等では不利になりますが、この「棒」部分を駐車場として有効利用できたり、意外に奥の「旗」部分の日当たりがよいことがあったり、また道路から直接家が見られにくいのでプライバシーの保護に役立つといった観点から、このお手ごろ価格の旗竿地を好んで選ぶ人もいます。

しかし、この旗竿地最大の問題点は、やはり「狭い間口」。
法律上では、道路に接する間口は一応2メートル以上あればいいことになっているのですが、この数値ギリギリでは…車を入れるのは至難のワザです。

スーパーテクニックで入れられたとしても、今度は人が車の横を通る幅が残りません。
接する道路の幅や車種にもよりますが、ここは3メートル以上の間口がほしいところです。旗竿地を検討する場合は、できるだけ車に乗っていきましょう。


あと、近所に、昔ながらの道のせまーい住宅街があれば、「ここはカーブを曲がるのがきついな」と思った道の幅をメジャーで計っておくのもいいでしょう。
これを基準にして判断すれば、間違いは少なくなると思います。

旗竿地は、くれぐれも目で見ただけで判断してはダメですよ。
特に何もジャマするものがない更地では、実際以上に広く見えてしまうものです。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved