土地の境界線をチェックする

並んだ家


これは欠陥住宅をつかまないため、というよりは、近隣とのトラブル回避といったほうがいいのかもしれませんが、せっかくですからこちらについても少し触れておきましょう。

お気に入りの土地が見つかったら、必ずやっておきたいのは、境界の確認です。
新しい土地なら境界杭がしっかりあるので問題ないのですが、古くからある住宅街の土地などだと、境界杭がない、ハッキリわからない、ということも少なくありません。

地面をちょっと掘ってみたら境界を示すものが出てくることもありますが、それがなければ測量図などを見せてもらいましょう。

それでもダメなら、これはもう、その土地の周囲に隣接している土地を所有する人全員の立会いのもと、あらためて境界の画定をすることになります。
これは契約前に売主側にやってもらうのが筋でしょう。

境界も分からない土地なんて、怖くて買えません。そして画定がおわれば、今度はしっかりと境界杭をいれて証拠としておいてもらうのです。境界をはっきりさせることは、土地という財産を守るためにとても大事なことです。

ご近所はいい人そうだから、口頭での合意で大丈夫だろう、とおろそかにしていてはいけません。
これからの長い将来、ご近所にどういう変化があるのかは、分からないのですから。

今の土地には、まず100%わかりやすい境界杭が設置されています。
必要があるからこそ設置されているのです。

その理由が「境界がハッキリせず、これまで裁判等でもめた事例が多々あったから」と考えれば、その必要性も理解できるのではないでしょうか^^


 

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved