立地条件へのこだわり

立地条件


土地や家を探す人がまず最初にこだわるのは「立地」ですよね。

もちろん、生活における利便性や、工場や墓地などの嫌悪施設の有無といった、ある程度のこだわりはあって当たり前なのですが、これにこだわりすぎる人も中には多く見受けられます。
代表的なものが、「子供は今と同じ学校に通わせたい」というもの。

いや、これ、お気持ちは分かるんですよ。
確かに、もう友達もできている今の学校から他へ転校するのはイヤって気持ちもありますしね。
でも、他にも大きな理由がなく、単に学校だけに大きくこだわっているんなら、ちょっと考え直してみた方がいいんじゃないかな、と個人的には思うんです。

考えてもみて下さい。
お子さんは数年たてば、それほどにこだわったその学校も卒業してしまいます。
でも、新しいマイホームには、これから何年住む予定ですか?
おそらく数十年、または永住を考える方がほとんどだと思うんです。
たった数年のことのために、長年にわたる生活をおくる場所を決めるというのは、ちょっと本末転倒な気がしませんか?

で、そういったことにこだわりすぎていると、結果的に「選べる物件」の絶対数がかなり限られてきてしまうんですよね。

選択の幅があるかないかというのは大きいですよ。
選択の余地なしという状態だと、どうしても買い手にあせりが生まれ、売り手のペースに乗せられてしまいがちなんです。

で、急いだりあせったりすると、手抜き・欠陥についても見落としがち、という結果にも…希望の立地を手に入れたことだけで安心・満足してしまう、といったところでしょうか。

建売なら、その物件が本当に長年住むにふさわしいものか、状態をよく見なければなりませんし、注文住宅の場合なら、これからさまざまな打ち合わせや準備が必要です。
立地探しだけに疲れ果てて、あとは相手に丸投げ、なんてことにならないためにも、その選択に多少は柔軟性をもたせましょう^^

もっとも、立地条件の中で、治安にはしっかりこだわった方がいいと思います。
掲示板に空き巣や引ったくり・痴漢がよく出ていると書かれた広報が貼られている地域は要注意ですよ。

また昼と夜では雰囲気がかなり異なるところも多いので、どちらの時間帯にも足を運んでみるのがいいでしょう。


 

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved