○○年長期保証って安心?

住宅の安全保障


現在の新築住宅は、「住宅品質確保の促進等に関する法律(品確法)」によって、主要な構造部分(基礎・柱・壁・土台など)と、雨水の浸入を防止する部分(屋根・外壁など)に、10年間の保証が自動的につけられています。

これは、この保証がつけられている部分に限り、欠陥があった場合、その設計・施行業者にたいして、修理または賠償金を請求できる、という制度で、何もないよりはずっとありがたい制度といえます。でも、請求先が設計・施行業者のみなので、10年以内でもここが倒産しちゃったら終わりなんですけどね…^^;

と、まあ品確法についてはとりあえず置いといて。
ところで最近、この10年保証どころか、30年、50年、あるいはそれ以上といった、長期保証を売りにしている業者をよく見かけませんか?

こういうのをみると、「うーん、これだけの長期保証!!さぞかし自信があるんだろうなあ」と、「安心して長く住める家」だと思ってしまいますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

チラシにでかでかと書かれている「○○年保証」をきちんと受けるためには、10年ごとなど、一定の期間経過ごとに、指定された検査などを受け、更新なければならない、というケースが一般的です。検査は中立的な第三者機関がおこなう、というのもウリのようですが、業者が選定した第三者機関にどこまでの信頼がおけるのか、という点も疑問です。

たとえば本当は欠陥なのに、知らぬ間にメンテ指示項目の中に入れられてしまい、自腹をきってしまう可能性はないのでしょうか?そして何より厳しいなと思うのが、発生するメンテはおそらく有償。

その有償メンテについても、多分指定されたところでしかできません。
金額だってその時にならなければ分かりません。
これは何を意味しているのでしょうか。

私は、単に「リフォーム客の先取り」だと思っています。
長期保証という名で長期にわたるメンテナンス発注を確保することによって、将来的な利益につなげようとしている、という解釈です。

相見積もりがとれませんから、保証更新のためにはたとえ割高でも決められたメンテナンスをするしかないんですよね。最近、この10年目の点検を迎える人がちらほら出てきていますが、メンテに数百万円必要といわれた例もあるようです。

最初の10年目でいきなり数百万って、かなりなもんですよ…20年目30年目にはいくら必要だと言われるのでしょう?累積すると建て替えできるほどの金額になるのでは^^;

ちなみに普通の建売でも、10年ごとに適切なメンテナンスをしていたら、よほどの欠陥住宅でない限り、自然倒壊とか、まずありません。それを考えると、適切なタイミングでのメンテナンスをして長持ちってのは、別にすごいことでもなんでもない、「住宅としてごくごく当たり前のこと」だと思うんですよ。

そんなわけで、私個人としては、こういった制度にちっとも魅力を感じないんです。これがもし、「第三者機関はこちらで選ぶことができ、発生したメンテはすべて無償でやってくれる。万が一、保証期間中に業者が倒産しても、きちんと保証会社等があって、同条件のまま最後までフォローしてくれる。もちろんその分も無償」なら、本当の意味の長期保証であって、とても魅力的だと思いますが…

誤解のないように言っておきますが、私はこのような制度がまやかしだ、悪い、と言っているわけではありません。メンテを考える手間が省けるというのは人によってはとても助かることですし、制度上では一応保証もあるわけですから。でも、せいぜいそこまでだと思うんです。

これがあるから全面的に大信頼できる!!と盲目的になってしまうのはやはり危険ではないだろうか、この制度を選択要素のひとつとしてカウントする程度ならともかく、これを大きな根拠にしての業者選びというのは、いささか筋違いではないだろうか…というのが、私の考えです。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved