見積もりは総額見積もり

住宅見積もりの商談


さて、引き続き見積もりのお話。
見積もりでもうひとつ注意すべき点は、その見積もりが建物の本体価格のみなのか、「別途工事」も含んだ総額なのかということです。

ちなみに、何もいわなければ本体価格のみの見積もりを出してくるところの方が圧倒的に多いと思います。だって安く見えますから。

別途工事とは、屋外の給排水工事や外構工事、ガス工事、屋外の電気工事などいろいろありますので、意外と金額もバカになりません。

しかもこの別途工事というのはやっかいなもので、たとえばA社が本体価格に含めている工事でも、B社では別途工事扱い、などということもあります。この点を忘れて相見積もりをとったところで、まともな比較はできません。できれば見積もりは総額でとりましょう。

概算ではなく、きちっとした金額を。
概算見積もりでは、それより実際高くついてしまった場合でも、業者に逃げ道を与えてしまいますので避けたほうがいいです。どうしても総額できっちり出せないと言われたら、何が別途工事なのかをすべて書きだしてもらった方がいいでしょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved