相見積もり比較の仕方

住宅の見積もり比較


複数の業者に見積もりを出させて、金額等の比較をする「相見積もり」。家を建てる際、ほとんどの人がこの相見積もりをとることと思います。

しかしここで注意してほしいのは、金額だけに目を奪われてはいけない、ということです。ちょっと失礼な言い方になりますが、見積もりの金額のみしか見ていない客というのは、「見せかけのローコストメーカー」にとっては絶好のカモといえるんです。

見積もりの細かい内容までしっかりチェックして下さい。「見せかけローコストメーカー」は、とにかく最低限の品質のものだけで構成したものを見積もりに出し、あとからじょじょにグレードアップを狙っていく、というのがよくあるやり方です。

これでは、最初からまともな家を建てるために、まともな仕様で構成した見積もりを出してくれる良心的な業者があったとしても、見た目の金額でかなうわけがありません。

たとえば基礎や柱の質に差はないか。A社で含まれているものがB社には含まれていない、ということはないか。特に構造部分での材質・仕様の差はそのまま家の質の差につながります。それぞれの業者に、細かいところまで内容をよく確認して下さい。

あと、見せかけローコストメーカーかどうかを知る方法として、「この見積もりとほとんど同じ価格で実際に建った家の例があれば見たいんですが」などと聞いてみるのも手です。本当にその価格で普通に建てられるなら、返答に困るということはありませんからね。

この時の担当者の顔色をよく見ておきましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved