契約書に印鑑を押す前によーく見て!

印鑑


えー、タイトルだけ見ると当たり前のことなんですけどね。とにかく家に関する書類というのは普段見慣れないものばかりですから、ついつい業者のペースに乗せられてポンポン押してしまいがちです。

「はい、じゃあこれ請負契約書にハンコお願いします」契約書についてはさすがにほとんどの方が、きっちり契約内容を見て押します。

→「捨印もお願いします」捨印はたいして警戒しないで押す人も多いです。

→「あとこれも一緒に…これもうちに工事を任せますって意味の書類なんですけどね」などとあいまいに言葉を濁して出される書類。ここでたまに書類をろくに見もしないで、ポンっと押してしまう人がいます。

こんなふうに簡単に印鑑を押してしまった書類が、実は重要なことにかかわる委任状だったら?ましてや白紙委任状だったら?もう最悪です。

自分が自分の意思で押印してしまっているのですからどうしようもありません。難解な書類をいくつか見ている間に内容チェックがおろそかになるのにつけこんで、ついでにこんな物も手に入れてしまおうという業者だっているのです。

特に白紙委任状に印鑑をもらいさえすれば、もうそこに書きたい放題やりたい放題ですから…とにかく、自分は何に判を押したのか?必ずひとつひとつきっちりと内容を確認しておき、なおかつメモをとっておきましょう。

なぜメモまで必要かというと、自分が何に押印したかを記憶だけで正確に覚えておくことはきわめて難しいからです。でも、これを覚えておくことはとても大事なことです。で、その理由は…押された印影のコピーなんて、実は簡単にとれてしまうからなんですよね。

ちなみにもっとも簡単なやり方は、油紙(印影の濃さによってはセロハンテープでも代用可)を使って印影の上からゴシゴシこすってそれをさらに(本来やってはいけないことなので以下自粛^^;)こんな感じで、コピーした印鑑で偽書類を作られてしまった場合でも、きっちりメモをとっていれば、「それは押していない!そんな書類があるのはおかしい!」と抗弁できます。

この方法でコピーされた印鑑は、調べればコピーと分かります。
よく見れば素人目にも、元の書類と偽造された書類の印影の上に、こすったようなあとがあるのが分かりますよ。

しかし、これよりさらに発覚しにくい高度な方法として、スキャナで印影を取りこんで(以下自粛)、というのもあります。

そういったことをさせないための抑止力としても、メモをとっておくことは大切だと思いますよ。それでもし覚えのない書類が後日突きつけられたら、必ず「こういうものを作られた」という証拠として写真とコピーをとりましょう。

「偽じゃないのか」と言われた業者が証拠隠滅をしないためです。
(もちろんこんなことがあったら、不法行為をされたということですみやかな契約解除を申し出ましょう。)
でも、もしメモなどとっておらず、自分がどの書類に押印したかすべてをはっきり覚えてないとしたら…?コピー印鑑の偽書類を突きつけられても、なかなかそれに気づきません。

自分の印鑑が押してある以上、偽造されたものだとは思いもせず、「何てものに押しちゃったんだ」と後悔しながらも、その後の取引をすすめてしまうのです。

印鑑は、法的に効力があるからこそ業者が契約等に求めるのです。それほど大事なものです。印鑑ひとつで取り返しのつかない事態にならないよう、細心の注意をはらいましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved