重要事項説明書のチェック

住宅購入時の重要書類


重要事項説明書とは、家や土地などの売買契約の際、その契約について説明しなければならない重要な内容がてんこ盛りの書類です。この説明はけっして省いてはいけないもので、かならず契約する前に、宅建建物取引主任の有資格者による内容説明があります。

しかし!この説明、まずほとんどすべての業者は、契約日当日にやるんです。ひと通り説明を聞いたと思ったらすぐさま、さあ契約!さあ実印!!となるわけですね。しかし、重要事項説明書は説明項目も多く、一度ざっと読んで説明してもらったぐらいでは、すべてを理解できる人なんてほとんどいません。

結構長い話になるので、重要なことを言っているのに、半分聞き流してしまっている人も少なくないのが現状です。「重要事項」についての話なのに、ですよ。本当にそんなことでいいのでしょうか?理解なしに契約をしてしまって、損をするのはこちらなんですよ!

ですから、契約日より前に、こちらのコピーを事前にもらっておくのがおすすめです。そして納得できる内容かどうか、じっくり何度も読みましょう。それでも分からないことは質問できますし、何か追記などしたいことがあれば、相談の上特約を入れることだって可能です。

重要事項説明書のチェックポイントは、まずなんといっても契約関係について。契約解除の際の条件などがこまごまと書かれています。あと、土地の地積が、登記簿上の数値と実測地が一致しているか、土地の名義人が売主と同じか、といったところです。

また、最後のほうには、備考・特記事項・容認事項などといった名目で、物件に付随してくる条件面なども書かれていますから、こちらもチェックをおすすめします。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved