一階に車庫がある木造3階建

車庫つきの家


住宅密集地でよく見かけるのが、一階が車庫になっている3階建住宅。
その多くは木造で建てられています。

そして、一戸建ての中で特にトラブルになる確率が高いと言われるのが、
この木造3階建なのです。ではなぜトラブルが多いのでしょう?
その諸悪の根源(?)ともいえるのが、車庫。3階建住宅の多くは、
一階部分の玄関の横が車庫になっています。

そしてこれは耐震を考えると非常に大きなデメリットとなります。
その理由を説明すると、地震などの力が家に加わったとき、
それに対抗してくれる壁が「耐力壁」といいます。

そしてこれは、建物の一番下、もっとも重みを受ける一階にこそ、
一番多くなければいけないものです。しかし、車庫の開口部があることで、
その部分の耐力壁がない、ということになるのです。

もちろん、この開口部があることをきちんと考慮して、
一階の他の耐力壁を補強・強化するなど、適切な対策をしていてくれれば
大丈夫なのですが、現実には、何の対策もしていない
3階建が存在しているのです。

普通の家から、耐力壁を一部抜き取ったのと同じ耐力しかない、
欠陥住宅がです。

そもそも家を建てるには設計というものがあるはず。
しかも木造3階建については図面だけではなく構造計算書まで添付して、
役所に確認申請をしなければなりません。

そして確認済証を交付してもらって、やっと建築を開始できるわけです。
ここまで制度が整っているのに、一体なぜそんな欠陥が見過ごされて
しまうのか?…実はこれが、建築基準法のザルさ加減を
よく象徴したものなのですよ…

結論から言えば、中間検査・完了検査というものをきちんと受けていない
物件がある、ということです。

(この検査についての詳細は、「住まいについての考え方とやりとり」の「検査予定はありますか?」に記してありますので、そちらをごらん下さい。)建売住宅を買うなら、かならず検査済証を取得しているものを選びましょう。

これを取得していないということは、検査をされると何らかの不都合が
業者側にある、という可能性が高いです。
もっとも、「検査なんて受けなくてもたいした問題じゃない」と軽視して
受けない業者もあるのですが、これはこれでまた問題ですよね…^^;

いずれにせよ、わざと検査を受けずに放置されている物件なんて
ろくなものではありません。もちろんこれは3階建だけでなく、2階建でも
同様にいえることなのですが、2階建と比べて自重も重く、一階にかかる
負担が特に大きい3階建は、構造になんらかの問題があった場合、
はるかに危険度が高くなってしまうのです。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved