住宅の構造図をもらおう!

住宅の構造図


おお、この建売いいねえ〜♪、気にいった!よっしゃ買おう!
となる前に、「構造図」をもらって下さい。

これは、柱や屋根、壁など、家の骨となる部分がどう作られているかを
記したものです。で、これをプロが見ると、家の強度がどの程度のものかが、
カンタンに分かります。

その家を丸ハダカにする資料ともいえますから、
業者はなかなかこれを見せたがりません。

普通に家を買ったら、契約後にもらえる書類の中にも含まれることは
まずないでしょう。ですから、こちらから催促して、もらっちゃいましょう。
この際に、ヘンな言い訳をする業者もあります。

「本社保管だから閲覧は本社まで出向いて下さい」とか、
「社外秘の資料なので見せられません」とか。
本社保管でもコピーはとれるでしょう。

それを出向けというのは要するに見られたくないのです。
まして社外秘って、自分が住もうと思う家の実態を知ることを
拒否されるのはどう考えてもおかしいです。

また、「そんなものはありません」といわれたら、
もうその場で交渉を打ち切ってもいいぐらいだと思います。
そこまでして隠したいか、本当にそんな書類を紛失してしまうぐらい
ズサンな管理だと言ってるも同然ですから^^;

正直な話、構造図を素人が見たところで何が分かると
いうわけでもありません。

しかし、これを快く出してくれるところと、何だかんだと理由をつけて
しぶるところとでは、どちらの姿勢を信用できるかといえば
考えるまでもないと思います。

極端にしぶる、出さない、こういう業者は外してしまった方が
無難かと思いますよ。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved