建築デザイナーに注意!

建築デザイナー


デザインがらみの話をもうひとつ。家を建てる際、すべてを建築業者にまかせるのではなく、設計事務所の門をたたき、デザイナーと呼ばれる建築士に設計部分を依頼する人も多いと思います。

ここで注意しないといけない点は、デザイナーと呼ばれる人の中には、住宅の設計を「自分の作品発表の場」と考えているような人が少なくない、ということです。

時々テレビで住宅建築の番組をやったりしていますが、妙な違和感を感じる物件が出てきたりしませんか?

見た目は個性的で目立つ、一見施主の希望を聞いているように見える、でも、夏暑そうだし冬寒そうだし、家事動線は悪いし掃除も大変そうだし…などと、ものすごく住みにくそうなもの。おまけにプロに聞くと、構造そのものがかなりトンデモな物件だってあるようです。

こういうデザイナーも、まがりなりにも建築士資格もってるからやっかいなんですよね。設計と施工が分離している以上、建築業者は設計どおりやるだけです。施主も出来たときは奇抜なアイデアなどに感心して喜んでますが、しばらく住むと現実を思い知る、ということも少なくないようです。

ホームページなどを見てみるのも参考になるでしょう。
あまりにも「これが俺様がデザインした家!!」「この家おしゃれに出来てるでしょ〜」というような雰囲気がプンプン漂ってくるようなところは危険です。

「俺様デザイン住宅」として目立たせ宣伝するために何をするか分かったもんじゃありません。住宅の世界は、「俺についてこい」が頼りになる世界ではないのですよ^^;

もちろん、きちんと施主の生活を考えて設計してくれる建築士だってたくさんいます。まず構造などからきちんと考えてくれるのか、それともデザインから入るのか。デザインを考えるのにワクワクしすぎな建築士だと感じたら、やめた方がいいでしょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved