住宅の営業担当者を見る

住宅の営業担当者


よく、「営業が家を建てるわけじゃないんだから」などといった感じで、営業担当者=業者の体質とは関係ない、という人を見かけます。

しかし本当にそうでしょうか?私も、これまでのべ6年以上の営業経験がありますし、またさまざまな業種の営業担当者ともかかわってきましたが、営業というのは会社の体質が理解できなければ、そしてそれに従えなければ、けっして続けられるものではないと思いますよ。

もちろん、営業担当者が感じのいい人=信用できる業者、と結論づけられるものではないです。なんせ営業は「印象が命」ですから、みなさんよく見せようと必死です。だから、営業担当者の印象がいいのは当然といえば当然なんですよ。

それにもかかわらず、信用できない、印象が悪い営業担当者は論外だということなんです。「印象をよくしよう」というベールに隠しきれないほどの、強引・悪質な営業戦略を命じられている可能性が高いですから、その後ろにひかえている業者の体質も分かったもんじゃない、という意味ですので、あしからず。あくまで、業者の体質を判断するための、「最初の第一歩」です。

また、家を建てる、買うにあたって、やりとりの中でさまざまな質問や要望をぶつけることになると思いますが、その中には、営業にとってその場では分からない、答えられない事だって出てきます。

それをどれだけ迅速に、しかもきちんと丁寧に正確な答えを返してくれるか?といったところを見るのも大事だと思いますよ。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved