完成物件の竣工検査もぬかりなく

完成物件の竣工検査


さて、いよいよできあがりました、念願のマイホーム!最後のチェックとして残っているのが、完成物件のお披露目ともいえる、竣工検査(内覧)です。

外側のチェックポイントとしては、まず外壁。ヒビがないかどうか、浮きやへこみがないかどうかなどを見ましょう。基礎はコンクリートの表面にモルタル仕上げをしていることがほとんどだと思います。モルタル表面の、髪の太さぐらいのクラック(ヒビ)はさほど気にすることはないと思いますが、クラックが深かったり、0.5ミリ幅(シャープペンシルの芯の太さ)を超えるようなものがあれば要注意です。

屋根なども見られる部分はヒビやズレなどがないか見ておきましょう。双眼鏡を持っていくといいですよ。また、外構部分に傷や汚れがないか、などもチェックしておきましょう。

家の内側では、床鳴りがないかどうか。
これは特に重要なので、くまなく歩いて確かめてみましょう。
階段も同様です。

クロスのヒビは、これも髪の毛程度の太さなら問題ありませんが、見た目はきれいな方がいいので、補修を頼みましょう。

しかしこのヒビが大きいようなら、壁そのものや構造に問題がある場合もあります。また、部屋の角の部分にズレが生じていないかも見てみましょう。

また、クロスで浮きが気になる部分があれば、触ってみることをおすすめします。信じられないことですが、浮いたクロスを触ると手ごたえがなく、はがすとそこは天井板が貼られていなかった、なんてケースもありますから。

天井裏も眺めてみます。断熱材に隙間はないか、きれいになっているかなど。天井裏にゴミや断熱材を放置していた業者とか、ありますよ…^^;

ドアの開閉がスムーズかどうかを確かめるのはもちろんですが、閉めた際にドアとドア枠の間に不自然な隙間がないかどうかも見ておいた方がいいでしょう。あ、ドアの下は数ミリの隙間があるのは当然ですのであしからず^^;床がこすれちゃいますからね。

窓・網戸の開閉も何度かやって確かめておきましょう。ドアや窓の開閉で少しでも「かたい」と感じることがあったら、遠慮なく申し出ましょう。

台所・洗面所など、水はひととおり流してみて下さい。
その際カウンター下の扉を開けて、水漏れがおきてないかどうかもチェックしましょう。また、こうした隠れた部分でヒビなどを発見するケースもありますので、よく見て下さい。クローゼットのハンガーパイプや棚の固定も確かめておきましょう。

床下は、床下収納庫部分や、床下点検口などから見ることができます。湿気がないかどうかを確認して下さい。

とにかく、思いつくところはすみからすみまで見て、気になるところは忘れないようにメモをとるか付箋でも貼っておきましょう。

そして、調整や修正をしてもらう箇所を話し合い確認して、合意するというわけです。このチェックの良し悪しも、これからの快適性を大きく左右するポイントですので、最後のひとふんばり、がんばってチェックしましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved