断熱材で快適な生活

家の断熱材


さて、実際の生活を快適に過ごすためには、家の断熱性も欠かせない要素。この断熱性を左右する断熱材の施工チェックも欠かせません。

まず、一般住宅の断熱材としてよく利用されているのはグラスウールやロックウールなどですが、こちらは断熱材そのものが湿気を吸ってはいけないので、防湿性をもった袋の中に入っています。室内から見て、「こちらの面が防湿面です」のような注意書きが見えるかどうか確かめましょう。

また、この防湿面に大きな破れがあったりしたら必ず取り替えてもらうなり補修してもらうなりしましょう。…雑な作業で破ってさらに放ったらかしというのは最低の姿勢です。そしてずれたり落ちたりしないように十分な対策がほどこされているかをよく見ましょう。

グラスウールやロックウールの場合は、袋の「耳」の部分をステープルというホチキスの親玉みたいなので固定します。

もちろん固定が大事なのはこれら以外のどの断熱材でも同じことです。きっちり止めておかないと、工事中期間程度では目立たなくても、数年もたてば壁の中でずり下がったりはがれたり、床下では垂れ下がってくるという目も当てられない状態になってしまいます。

そして、断熱材というものは、隙間なくびっちり埋めていかなければなりません。隙間はないか、入れ忘れはないか、きちんと見ておきましょう。たとえ数センチ程度の隙間でも、あるのとないのとでは快適性に大きな違いがでてきます。

断熱材は快適性を大きく左右する大事なものですから、きっちり見ておきましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved