建築中の家を見て職人&現場チェック!

建築現場の作業員


さて、あなたが「家を建ててもらおう」と考えている業者で、ちょうど建築中の物件があれば、ぜひ見てみましょう。業者にわざわざ「見学したい」と頼むのではなく、通りすがりとして外から見てみるのです。

ここでおもに見るのは、職人たちの仕事ぶり。
適度な緊張感を保って、まじめに仕事していますか?ヒマをもてあましたり、笑ってよそ見ばかりしながら仕事をしている職人はいませんか?

また、現場にゴミなどが散乱していないかどうかも注目です。ヘタをすれば基礎の下など見えないところにもゴミ・廃棄物が埋められている、なんて可能性もあります。

おまけに、こういった緊張感とマナーが欠けた姿勢で仕事をしている職人は、総じて他の点でもルーズで無神経です。

これは私の実家の近所で実際にあった話ですが、実家は3階建のいわゆる「ミニ戸建」が立ち並ぶ、狭小住宅が多い住宅街なのですが、新築工事の際、隣の家の屋根に無断で上る職人がいたそうです。

そしてこれを見つけた隣人が注意すると、なんとその職人が逆ギレして、隣人に罵声をあびせたそうです(付近一帯に聞こえるほどの大声だったそうで…2件隣の母にも聞こえたそうです)。その後も職人からも業者からも詫びのひとつもなかったということで、隣人の我慢も限界になり、裁判を視野に入れての大問題になりました。

結果的には、ようやく事の重大さを知った業者が職人を引き連れて謝罪し、問題の職人はその現場への出入りを禁止、ということでなんとかおさまったようです。

この件は母を含め、近所の人は暴言をまともに聞いているだけに皆隣人に同情的で、そして、施主そのものに罪はないと分かっているものの、やってきた時も複雑な感情を抱いていた、ということです。

いかがですか。
こういった、仕事にたいして緊張感もマナーもない職人に担当されてしまうと、自分の家に問題が起きてしまう可能性が高くなるだけではなく、いきなり近隣から白い目で見られてしまう、なんてことにもなりかねないのです。

質の悪い職人は、施主にとっても周りにとっても、百害あって一利なしですから、機会があれば、しっかり仕事ぶりを見ておくのは大切なことだと思います。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved