床下換気口・基礎パッキンチェック

換気


床下の換気は、昔ながらの床下換気口を開けるか、
近年主流になりつつある基礎パッキンを使うか、このどちらかの
方法をとるのが主流です。

まず床下換気口工法についてはみなさんにとってもおなじみなので、
説明の必要はないと思いますが、この換気口が開けられた際、
換気口の四隅にひびが入っていないかどうかは必ずチェックして
おいたほうがいいと思います。

基礎で、最初に割れてくるとしたらまずここからですから、
施工段階でいきなりひびが入っていてはお話になりません。

一方、基礎パッキン工法というのは、基礎に換気口を開けるのではなく、基礎と土台の間に強固な樹脂製のパッキンを使い、基礎と土台間に隙間を作ることによって換気するという方法です。基礎パッキンの設置をしてから上に土台をのせ、固定します。

床下換気口と比べて周囲ほぼまんべんなく通気でき、特にコーナー部分の空気のよどみが激減するので、より湿気がたまりにくいといわれています。

また、基礎に穴を開けなくてすむので、耐震性にもすぐれていると考えられます。おまけに基礎と土台を離してくれるので、基礎のコンクリから上がってくる湿気も土台まで届かないようにしてくれるというスグレもの。

しかし、基礎と土台の間をこの基礎パッキンで支えることになりますから、設置がおろそかだと危険です。

まず荷重の大きいコーナー部分と柱の下に、必ず基礎パッキンがあることが大前提となりますので、これだけは確認しておきましょう。

一例ですが、土台までができ上がった時点で、柱の下に基礎パッキンがないことを施主が指摘したら、基礎パッキンを切ったりしてあとから基礎と土台の間に挟みこんで、「これで大丈夫」なんていいかげんなことをする業者もあったようです。

これでは当然固定されているわけがありませんから、地震でもあろうものならはずれ落ちてしまう可能性があります。ついでに、土台を固定するアンカーボルトの締めつけ具合もきっちりチェックしておいて下さい。

また、ナットの穴の上にちゃんとねじが出ていなくてはなりません。
ナットの穴の中でねじが収まってしまうようでは、ナットが緩んだらはずれてしまいかねませんからね。
アンカーボルトは土台と基礎をつなぐ命綱ですから、大事に考えましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved