コンクリートは厚く、鉄筋はピッチを狭く

コンクリート


地盤とともに、建物を支えてくれる大事な基礎。基礎は鉄筋とコンクリートで構成されています。鉄筋は引っぱる力に強いが圧縮に弱い、一方コンクリートは引っぱる力には弱いが圧縮には強い。この2つを使うことによって、お互いの弱点をカバーできるわけです。

この基礎も、厚みがあって頑丈な方がいいに決まっていますが、具体的にはどの程度を考えればよいでしょうか?

建築基準法では、立ち上がり部分の基礎の幅(厚み)の最低ラインは12センチとなっています。では、この12センチとは何を根拠にした数字でしょうか。

基礎のコンクリートは、中にある鉄筋の保護の役目も果たしています。
コンクリート自体はアルカリ性なので、中にある鉄筋を錆からも守ってくれるのですが、このコンクリートも年月がたつと、外気との反応でじょじょにアルカリが抜けていき、中性化していくのです。

中まで完全に中性化してしまうと、鉄筋は一気に錆びやすくなります。
錆びると鉄筋が膨張→中からコンクリートが割れてくる、といった最悪の事態を招くこともあるわけです。
この中性化は、10年で約1センチずつ進むといわれています。

で、さきほどの12センチとは、その基礎の鉄筋にたいするコンクリートのかぶり厚(鉄筋を覆うコンクリートの厚み)を、建築基準法で定められた4センチ確保できる、という条件を何とかみたすことができる厚さなのです。

かぶり厚が4センチあれば理論的には中性化に40年以上かかる、ということですね。しかし、鉄筋の多少の傾きや施工の中での誤差を考えると、全ての立ち上がり部分で4センチのかぶり厚を確保できる保証はありません。

基礎の厚みがたった12センチではかなりこころもとない、といえます。
できれば15センチ以上あったほうが安心といえるでしょう。より長く中性化に対応できますし、もちろんコンクリートが多い分だけ基礎自体も丈夫になります。

建売住宅などでも、基礎にどれだけの幅をとっているかは、「家」にたいする業者の姿勢を見る、ひとつの判断基準になるのではないでしょうか。

また、基礎にとってもうひとつの重要な構造材・鉄筋についても、できるだけピッチ(間隔)が狭いものがより強固な基礎を作れます。建築基準法の最低基準はピッチ30センチ以内となっていますが、20センチ・15センチなどの方がより好ましいといえます。

基礎は家の出来を大きく左右する、きわめて大事なものです。契約前にしっかり内容を確認しておきましょう。

関連記事一覧

 
Copyright © 2007 住宅購入体験から学んだ欠陥住宅の対策. All rights reserved